忍者ブログ
HOME > > [PR] > ふぁいすた > パスタ RSS   Admin NewEntry Comment
色んなDTMerの集う、なかよしブログです。
  • 2017.11≪
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ≫ 2018.01
[PR]この日記はが書きました
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パスタこの日記はふぁいすたが書きました
パスタ考えた奴って天才だよな・・と思いました。

考えてもみてくださいよ。
パスタは原材料である小麦粉をそのまま食べてもおいしくない。

それでも小麦粉を食うことを諦めず日々試行錯誤を重ね、
「コネて食う」
という方法を発見しました。でも小麦粉をコネて食ったところで、全くおいしくありません。むしろ味がしません。

しかしその小麦粉塊にまだ希望を見出し、更に研究を重ね、
「コネた小麦粉を紐状に切って食う」
という方法を発見しました。でも小麦粉を紐状にして食ったところで、まだ味はしません。

それでもまだまだ諦めず、
「こねた小麦粉を紐状にして、トマトソースにからめて食う」
という結果に至ったのです。すごい発想です。

俺だったら絶対小麦粉をペロッとなめてみて、
「わーおトレビア~ン」
で満足して終わってます。パスタを考案した人の忍耐力たるや、推して知るべしでしょう。

何とかして、どうにか工夫して、あの粉を食いたかった人の執念と発想があったからこそ、俺たちは今日、パスタをおいしくいただけるわけなんです。



それにしても、その後の工夫で別路に分岐したものの、「小麦粉をこねて紐状にして食う」という同じ方法論が、全く別の地、即ち日本ではうどんとして、中国ではラーメンとして発達していたってのもすごいですよね。

パスタとうどんとラーメンの発祥にどのような相関があるのか知りませんけど、もしかしたら遥か昔、全く同じ発想をした天才が世界に三人いたことになります。

三人の天才が、小麦粉を食すにあたり、偶然にも同じ"麺"という結論にたどり着いたということは、図らずも、"麺"の形状がどれほど完成されたものであるか、美しいものであるかも伺えるでしょう。

私たちが普段から何気なく食べている"麺"には、驚くべき先人の知恵と歴史、そしてドラマが刻み込まれているということを、我々は忘れてはならないのです。

そして今こそ、世界中に散らばっている"麺"に関する食材が集結するときなのです!敵は強大です…。恐らく、個々の"麺"がいくら美味で、コシが強くとも、単独では歯が立たないでしょう。そう、束になっていかないとだめなんです。麺だけに。
PR
postこの記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
冒険の始まりみたいなノリΣ
幽玄 2009/01/20(Tue)22:08:49 編集
無題
ふぁいすた先生の次回作にご期待下さい!
ふぁいすた 2009/01/22(Thu)16:33:29 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208
最新コメント
[06/07 ふぁいすた]
[06/07 ふぁいすた]
[06/07 なすちる]
[06/03 おともてぃ]
[05/29 ふぁいすた]
[03/30 ふぁいすた]
[03/30 ふぁいすた]
[03/29 らいくろ]
[03/06 らいくろ]
[03/04 ふぁいすた]
最新トラックバック
アクセス解析
みんなのRSS
珠洲FC公認賢拝ボタン
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
珠洲ファンクラブ2009 Produced by ふぁいすた&皇兵交響楽団
日めくりカレンダーBLUE Designed by がりんぺいろ
忍者ブログ [PR]